現場レポートBlog

みんなの力

梅雨らしい雨模様の一日。ジメッと暑くなりましたね。

住宅が建築される際には、多くの方々の力が結集されつくられて行きます。

一番は、クライアント様が私に任せると依頼していただく事から始まり、設計の際には構造家や造園家をはじめとする専門家の力により、より良い設計になって行きます。

施工の場では、多くの職人さんの技術力を始め、職人さんの人柄・キャラクターも相まって、素晴らしい空間へと昇華して行きます。

そして、クライアント様の新しい暮らしが始まってから、クライアント様の力により時間と暮らしが愛着のある建築へと。

数多くの方々の力により、支えられて建築は完成して行くのだと改めて思いました。

三原久井の家では、平屋建ての住宅でクライアント様の力、職人さんの力により素晴らしい建築へと。

この様な仕事ができる様に常に精進して行きたいと思います。

藤原昌彦

自然のある風景

雲一つない澄み渡った青空の広がる1日。

本日は、三原久井の家の造園工事の最終日。

クライアント様と共に植栽を施して行きます。

三原久井の家の周辺環境は、田園風景に囲まれ自然豊かな環境にあります。

こんな豊かな環境なのに、植栽の必要があるのかと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、住宅はやはり「家」と「庭」が揃って初めて成り立つのだと思います。

アプローチの豊かさであったり、室内からの近景にある緑。

自然のある風景だからこそ、その自然に溶け込むような植栽が必要になってきます。

建築の姿がさらに強調されながらも柔らかく風景に溶け込むようになります。

ようやく、一つの節目を迎える事が出来ました。

大変な作業でしたが、本当につくりあげる現場にクライアント様と一緒に立ち会える事ができ楽しかったです。

藤原昌彦

心地良い風

梅雨明けが待ち遠しいですが、爽やかな青空の広がる1日。

国府市場の家Ⅱが完成を迎えアトリエの家具を配置してみました。

数カ所窓を開けると心地良い風が抜けて行きます。

私の設計では窓の数が少し少ないと感じられるかもしれませんが、光の入り方や風の抜けを考えて設計をしています。

図面上では少ないと感じても、実際体感するとこれで良いのだとわかります。

心地良い風を感じる事ができるのは、緻密に積み重ねた検討の結果でもあります。

本日、お引き渡しをさせていただき、新たな暮らしが始まります。

心地良い屋外(豊かなもの)との繋がりを楽しみながら、暮らしていただきたいと思います。

藤原昌彦

緑のある

梅雨らしい湿り気のある朝。午後からは晴れ間もあり暑い日になりましたね。

三原久井の家では、本日から造園工事がはじまりました。

私は、軸となる高木の位置確認のため立会いを行いました。

高木といっても高さが6m以上もあるモノが多く造園屋さんと共に位置を色々と模索しながら決めて行きました。

今回は、東面のアプローチ部分とダイニング・リビングからの眺めを中心に造園を施して行きます。

メインとなる南西デッキに面した開口部は、きれな田圃の風景が広がっているのであえて植栽は施さず、田植えの時期や稲穂が金色になり稲刈りへと季節を感じて頂けるようにしています。

借景も含めて、緑のある空間はやはり良いですね。

明日からは、中低木・下草の植え込み。

クライアント様にも手伝っていただいて行なって行きます。

藤原昌彦

焼杉板

関の家

各地と同じく岡山も梅雨入りしましたが、沖縄ではもう梅雨明けしたそうですね。

先日雨の日が続きましたが、現段階の週間天気予報では週末から来週にかけて

雨は降りそうにないので現場としてはありがたいです。

 

梅雨時期でも雨が降らない日が一日でもあれば外部の工事が大きく進みます。

道路に面する1階の外壁へ焼杉板が貼られました。

焼杉板は杉板を焼いて表面を炭化させたもの。

表面の炭化層により耐候性・耐久性が増し板の劣化を遅らせます。

1階のこの部分は板を貼れば完成ですが、建具の枠や垂木などの取り合いを

一枚ずつ切って加工して納めていくので簡単に出来上がってはいきません。

遠目ではわからないところも一枚一枚、丁寧に施工していきます。

 

そとん壁も下塗り前に行なうそとん壁専用のシート貼りなどが進んでいます。

こちらもまた今度施工の様子をお伝えしますね。

 

スタッフ.T

設備工事

矢掛の家

大工さんが外部の工事を進めている間、室内では電気設備工事を行ないました。

幹線・スイッチ・コンセント・照明の他、換気工事やエアコンなどの

先行工事も行ないます。

 

バウムスタイルアーキテクトの住宅は躯体を構造計算にかける段階で

必ず設備の施工経路を検討しています。

建物に余裕をもたせると設備工事のスペースは深く検討せず工事を行なえますが

外観・内観のバランスや空間のボリュームを追及すると

縦にも横にも抑えたい部分がでてきます。

構造を検討する段階で設備の経路や取り出し方を検討し構造に反映します。

工事が始まると設備屋さんは少々大変ではありますが、

職人さん達も妥協せず丁寧に工事をしてくれるので

結果美しい空間が出来上がっています。

自分たちだけで考えるのではなく、工事に携わる職人さんたちと話をすれば

一つだけでなく二つ三つと良い方法が見いだせます。

そうやって皆で話し考える時間が楽しい時間でもあります。

 

スタッフ.T

実測(数字だけではなく、居心地を)

藤原の日記, 関の家

かなり気温が上がり、蒸し暑い一日。

ウィルス対策もそうですが、熱中症対策も同時に行わないといけない季節になりましたね。

本日は施工が進んでいる「関の家」にて気密測定を行いました。

気密測定は普段行うことはないのですが、普段こなっている状態でどの程度機密が取れているのか確かめたく行うことにしてみました。

今回の設計は、メインの開口部に木製サッシ(アイランドプロファイル)も2枚引き込みを使用していて、気密をとるのには少し不利な状況。

気密測定の結果は、0.7㎠/㎡と通常の目標値である1.0㎠/㎡を下回ったので良かったです。

私が設計を行い温熱環境のシュミレーションを行う場合は、気密性能(C値)を2.0㎠/㎡で考えて行きます。それでもなお、快適な状況つくり出したいと考えながら設計を行っています。(木製建具などを使用するので)

温熱環境の指標は、沢山ありその数値ばかりを追いかけてしまうと、暮らしが窮屈ななものになって行きます。

ないがしろにする訳ではなく、丁寧につくりながら大らかに暮らせる様にしていくことが大切で、心地よさを追い求めていくことが良いと思います。

藤原昌彦

仕上

国府市場の家Ⅱ

内装工事の後、照明や水廻り・ガス関係の設備工事が

順に進み、各部屋の建具も納まりました。

建具で部屋も仕切れるようになったので

それぞれの空間の明るさや風の通り抜け、灯りの広がり具合などを

確かめ検証しています。

  

そして外では外構工事が進んでいます。

国府市場の家Ⅱ、まもなく竣工です。

 

スタッフ.T

木製サッシ搬入ました

今日は、何人もの職人さんに手伝ってもらって

100kg以上あるサッシを搬入・取付けしました。

大きすぎて、枠だけでもとても重たいです。

眺めがいい場所なので

リビングから見る景色が早くも楽しみです。

スタッフY

外部工事

矢掛の家

構造躯体の検査を終え、

外壁の下地工事や屋根工事が進んでいます。

躯体検査は鉄筋の配筋検査同様 第三者機関による検査を受けています。

柱・横架材などの接合部、耐力壁などそれぞれ適正に施工されているか

検査をしてもらいます。

検査で適合となれば工事は次の工程へ進みます。

外部は外壁の下地を行ないながら窓を取り付け

室内は水道・ガス・電気・浴室の工事を行ないます。

 

こちらの住宅にも大きな開口部がつくられます。

そこに納まる大きな木製サッシを職人さんたちにも力を借りて納める予定です。

またブログでご紹介しますね。

 

スタッフ.T