現場レポートBlog

内部断熱材

こんにちは。
アトリエではいつも音楽を流しているのですが、
最近は、ラジオを流しています。
たまに、耳に入ってくるリスナーからのメールの内容に
心の中で突っ込みを入れながら図面を書いています。。。

さて、岡山市中区で建築中の円山の家は、外部工事と並行して内部の断熱材を入れ始めました。

断熱性能を下げないよう隙間やヨレがないように入れていきます。
先にある程度断熱材を入れていきその後に整えてもらいます。
写真は、整える前の状態です。

この写真で見ていただきたいところは、トップライトからの光です。
ふわっと放射状に室内を照らしてくれています。
内部の仕上りは白色ですので反射してさらに明るくしてくれると思います。

今週土曜日の施主様との現場打合せで是非見ていただきたいなと思っています。
上棟の時以来、お会いしていないのでひさしぶりにお顔を拝見できることが楽しみです。

今週は、引き続き内部の断熱入れと気密シートの施工、そして外部は窓枠取付を行っていきます。

Staff. Y

本棚

こんにちは。

肌寒い季節になりました。

暖かい部屋でちょっと読書、なんてのもいいですよね。

本といえば、電子書籍が当たり前になっております。

私も基本は、電気書籍で購入していますが

気に入ったものは紙の書籍で購入しています。

お気に入りの本は、飾っておくだけで気分が上がります。

収納としてでなく、インテリアとしても活用になりますよね。

この写真は、廊下に本棚があります。

キッチン・リビングの近くなので、料理の本やお子さんの本をさっと取れます。

また、ふと通った際に、懐かしいとまた読んでみる。

本を通して思い出を感じたりと

本が生活の一部としてあるのってすごく素敵ですよね。

私も将来お家を建てる時には、大きな本棚が欲しいです。

Staff.I

地鎮祭

御津の家

急に寒く感じる様になりましたね。体調管理には気をつけたいともいます。

岡山市北区で設計を進めていいました「御津の家」の地鎮祭を先日執り行いました。

ご両親も来て頂き、賑やかな地鎮祭となりました。

実際の工事は、来週から準備が整い次第着工となります。

ゆったりとした敷地に、おおらかに暮らせる様に計画を行いました。

これから先は長いですが、楽しみな住宅の現場が始まります。

藤原昌彦

玄関庇

こんにちは。
本格的に寒くなってきました。。。
これから一気に冬になるのでしょうか。。。

さて、岡山市中区で建築中の円山の家は、玄関庇の下地ができあがりました。

図面でのイメージよりも大きく感じました。
まだまだ、スケール感が身についていないですね。。。
しっかりと雨除けをしてくれそうです。

玄関庇の破風板は杉材を使用しています。
外壁が焼杉なのでそれに合わせて黒塗装をします。

下地ができたので板金屋さんに採寸をしてもらい庇を仕上げていきます。
外部が少しづつ出来上がっていく様子が楽しいです。

今週も外部の窓枠取付や外壁下地など外部工事を進めていきます。

Staff. Y

屋根工事

こんにちは。
藤原所長からお鍋をもらいました。
料理を頑張れというメッセージだと受け取りチャレンジをしてみようと思います。

さて、岡山市中区で建築中の円山の家は、屋根ができました。

今回は、ガルバニウム鋼板を使用しています。
屋根の一番高い部分の三本線のようなものは、換気棟といって
屋根裏の結露防止の役割を担っています。

今日は、サッシも取付いていたので外観がお家らしくなってきました。

今週は、外壁の下地と玄関庇の外部工事を進めていきます。

Staff. Y

お気に入りの場所

こんにちは。

緊急事態宣言が解除されましたね。

気持ちに少し、心のゆとりができましたが、ここで油断せず

しっかり予防対策をしていきたいです。

私は今図面作成を行っております。

作業を進めていく中で、参考にするために過去の現場の写真を見返します。

その際、「このお家も素敵だな~」

「ここのお家のこの角度からの写真すごくいいな~」

と写真を見返すのが楽しくなっています。

たくさん素敵な写真がある中で

特にお気に入りの写真は、こちらになります。

9月のお引渡しをしました、吉備津の家のダイニングになります。

一枚の絵画のような空間。

無駄なものは何一つとしてなく、木部と塗り壁、家具が一体となっています。

木部が多いと、木部同士の色や雰囲気が合わず、ごちゃごちゃしてしまったりと

全体のバランスを美しくするのが難しいです。

シンプルかつ統一された空間にすごく魅力を感じました。

お家の中にお気に入り場所があると、暮らしがより豊かになりますよね。

Staff.I

ダイライト貼り

こんにちは。
10月になり長かったまん延防止期間も終わりました。
まだまだ、気は抜けませんがそろそろ旅行に行ったりしたいところです。。。

さて、岡山市中区で建築中の円山の家は、
上棟後すぐに瑕疵保険の躯体検査があり、
構造耐力上必要な耐力壁や金物が正しく施工されているか
第三者機関によるチェックを受けました。
結果は、問題なく合格しました。

躯体検査後は、外部のダイライトを施工してもらいました。

ダイライトとは、耐震と防火性能が高い外壁の下地材です。
腐りにくくシロアリに強いのもダイライトの強みです。

いつもお世話になっている大工さんに入っていただいているのですが
さすがの手際の良さ!その日で貼り終わりました。
ありがとうございます。

今週は、主に屋根工事を進めていきます。
また、サッシの取付もしていきます。

Staff. Y

上棟

こんにちは。
すこしづつ肌寒くなってきました。
風邪など引かれないよう皆さまお気を付けくださいませ。

さて、かねてより設計を行っていました、岡山市中区で建築中の「円山の家」。
昨日、上棟致しました。

おおらかな切妻屋根がかかった2階建ての住宅です。

台風の影響もなく、順調に進めることができました。

お施主様には朝早くから1日建物が立ち上がっていく様子をご覧いただきました。
また、上棟後は上棟式を執り行いましたので非常に長い1日になったと思われます。
大変お疲れさまでございました。
そして改めまして、上棟おめでとうございます。

大工さん、レッカーさんも暑い中ありがとうございました。
素晴らしい連携でみるみるうちに躯体が立ち上がっていきました。

いまから、完成が楽しみです。
そのためにもしっかり工事を進めていきます。

Staff. Y

緑豊かな空間

気持ちの良い秋空の広がる一日。風も心地よく感じます。

昨日は、吉備津の家にて完成見学会を行わせて頂きました。

予約制ではありましたが、全ての枠が埋まり多くの方々にご覧戴くことができましたこと、感謝いたします。

新しい分譲地ではあったものの、隣の敷地には栗や桃などを植えてある畑があり、遠くには緑豊かな山を見ることができる敷地で、そういった自然を感じながら暮らせる様に設計をしています。

敷地には新たに施した植栽もあり、いろいろな居場所の開口部からはそれぞれの緑が感じられます。

規模としては、30坪弱と小さい住宅ですが、それを感じさせない様にしております。

見学会ののち、引き渡しをさせて頂きました。

引っ越しもあり大変だと思いますが、早く新しい暮らしを堪能して頂きたいと思います。

藤原昌彦

普遍性を求めて

台風が近づいてきていますね。深夜には岡山付近を通過する模様ですので、みなさん気をつけて下さいね。

岡山市北区で建築を進めておりました「吉備津の家」が完成しました。

申し込みを多数いただいておりますが、完成見学会を明日、明後日の2日間開催いたします。(クライアント様のご厚意に感謝いたします。)

吉備津の家は、普遍的な住宅とは、スタンダードな暮らし方などを考えた住宅となっています。

3間×5間(15坪)をベースにして、2階建てとしながら来客用の和室を繋げています。

生活空間をこの3間×5間 2階建ての中に配置しながら心地よい居場所をつくっています。

その中で、色々な工夫をしながら広さを感じていただける様にしています。

また、温熱環境についても、「パッシブ冷暖」を導入し1階部分は一般的な壁掛けエアコンを1台で空調を行う仕組みを行っています。

今は、少し涼しくなっているので、快適さは少しわかりにくいですが、これから寒くなるにつれて、その効果も発揮できると思います。

素材についても、普遍性・スタンダードな外壁には焼杉板・シラスそとん壁を使用し、内部はナラの無垢フローリング・壁天井は珪藻土を左官の手仕事で仕上げて頂いています。

経年変化により、20年後、30年後が楽しみな住宅となりました。

また、完成写真ができましたら、作品事例としてあげて行きたいと思います。

藤原昌彦