Blogブログ

屋根工事

こんにちは。

先日、アトリエでスイカを頂きました。

スイカを食べると改めて、「夏が来たな。」と感じます。

夏は特に美味しいものが溢れているなと感じます。

季節の旬の物を堪能して季節を感じることって、凄くいいなと思います。

さて岡山市北区大和町で建設中の「大和町の家」では、屋根を施工致しました。

屋根はガルバニム鋼板になり、職人さんの手で1枚1枚丁寧に施工していきます。

棟から軒先まで1枚の材を使用します。

大和町の家は、屋根の流れがとてもきれいな建物で

屋根材が取り付くとより極まります。

まだ先になりますが、足場がとれて全景がわかるのがとても楽しみです。

今後の工事は、屋根の工事の続きをを行う予定になります。

Staff.I

造作

こんにちは。

暑い日々が続いておりますが、時折激しい雷雨になることも…

変化しやすい天気に振り回されないようにしないといけないですよね。

さて、倉敷真備町で建設中の「真備町の家Ⅳ」では造作工事が完了しました。

リビングにあります、スタディスペース。

リビングとスタディスペースは本棚で間仕切ることで、存在を感じながら

視線を遮り、空間を分けることができます。

こちらはキッチンになります。

手前にある収納はダイニング側から使用ができ

キッチンからは作業台として使えます。

こちらの収納には可動棚が取り付き、扉で隠せるようになります。

またキッチンの天井には格子が連なり、キッチンとして空間を分けております。

天井が高く、広い空間のLDKの中で、スタディスペースやキッチンの空間を

分けながらつながり、空間に緩急をつけることができます。

今後の工事は、外部焼杉板を貼っていき

内部は珪藻土塗、塗装工事を進めていく予定になります。

Staff.I

コンセント・スイッチ打合せ

こんにちは。

さて、広島県尾道市で建築中の尾道の家では、電気配線工事が進んだので
施主様とコンセントとスイッチ位置の確認打合せを行いました。

木工事が進んでるとはいえども、まだ木下地が見える状態ですので
イメージが湧かないところもあったかと思いますが
工務担当と一緒に各部屋ごとにまわり図面と現地を照らし合わせながら
確認いただきました。

その他も造作家具や収納などについても打合せし
暑い中でしたが、約1時間程お話しさせていただきました。
ありがとうございました。

工事は、8月下旬に予定している気密測定に向けて
断熱・気密工事を中心に進めていきます。

Staff. Y

藤原の日記

今日から8月。コロナウイルスの猛威がまたぶり返していますね。
それに付け加え、この夏の暑さ。熱中症など気をつけてくださいね。

近くの神社へお参りに行ったところ、幻想的な光に出会うことができました。

神々しい美しい光。

心洗われる様な気持ちになりました。

藤原昌彦

ルーフィングシート

こんにちは。

岡山市北区大和町で建設中の「大和町の家」では、

透湿防水シートを施工を行いました。

野地板施工後、ルーフィングシートを屋根に施工を行いました。

このシートは屋根材の下に敷く防水シートで

熱と雨を遮り、湿気を逃がす構造です。

屋根工事はこの後、

ルーフィングシートの上にガルバニム鋼板の屋根を施工する予定です。

また、天窓の取付けを行いました。

廊下に取り付く天窓は、天気がいい日は美しい青空を映し

廊下の吹き抜けとなります。

今後の工事は、外部は屋根材の施工を行い

内部は窓台、窓まぐさを取付る予定です。

Staff.I

木目

こんにちは。

太陽の紫外線がかなり気になるようになってきました。

外にいると風が涼しさの頼りになっています。

暑いとついつい水分補給を沢山してしまうことも、、

倉敷市真備町で建設中の「真備町の家Ⅳ」では

窓の目隠しの施工を行いました。

こちらはスタディコーナーにある大きな連装窓になります。

基本FIX窓で、両側に縦辷り出し窓がついております。

窓枠が四方にあり、目隠しの為に無垢の杉板を縦方向に入れております。

無垢の杉板はとても木目が美しいです。

こちらの窓の近くにはカウンターが取り付く予定で

作業の合間に木目に癒されるのもいいですよね。

今後の工事予定は、キッチン周りのボードとキッチン作業台の施工

玄関周りの施工を行う予定です。

Staff.I

日々の積み重ね

藤原の日記

あっという間に7月も終わりを迎え、明日からは8月に。
暑い日が続きますが、熱中症など気をつけなければなりませんね。

毎日ではないのですが、朝食には卵焼きを作ります。

続けているとなんとなく、味付けの分量がわかるようになり大体同じような味付けが出来る様になった気がします。

なんと言っても、焼き方が最初は上手く巻けずに苦労していたのですが、いつの間にか何となく形になってきました。

設計も同じですが、日々の積み重ねが大きな力となって帰ってくる気がします。

設計が完了した時点で終わりではなく、工事が終わるまで設計は続いています。

ですので、工事が完了するまで、日々考えています。

そうすることで、より良い建築が出来てくるのだと思います。

最後まで、日々の積み重ねをおこなっています。

写真は、アトリエの庭で実がついたレモン。日々大きくなる姿を観察しています。

藤原昌彦

木製サッシガラス工事

こんにちは。
最近はゲリラ豪雨が多く、また、湿気が高い日が続くなど
あまり快適には過ごせないですね。
夏のカラッとした暑さに戻ってほしいです。

さて、広島県尾道市で建築中の尾道の家では、
5月末に取付けた木製サッシにガラスが入りました。

男性4人がかりでの搬入、非常に重そうでした。

こちらのガラスは、Low-Eペアガラスです。
内部には、日射を遮蔽する障子が、外部には、造作の網戸が取付きます。

現在内部の造作は、木製サッシ内部戸袋や棚の造作を進めています。

Staff. Y

ボード・造作棚

こんにちは。

蒸し暑い日々が続いており、エアコンが欠かせないですよね。

倉敷市真備町で建設中の「真備町の家Ⅳ」では寝室のボード施工を行いました。

寝室の天井は勾配天井になっています。

また、トイレの収納棚の施工も行いました。

トイレにはしまいたい物、見せたくない物結構ありますよね。

写真の収納はトイレ本体の上にあり、両開き戸が取付く予定になっております。

あいた空間を活用しながら、物を隠せるような収納となっております。

今後の工事予定としましては、キッチン周りの間仕切り壁や

和室の天井を進めながら、ボードの施工も同時に行う予定になっております。

Staff.I

上棟

こんにちは。

立っているだけで汗をかいてしまう程の暑さです。

さて、岡山市北区大和町で建設中の「大和町の家」は上棟を迎えました。

事前の天気予報では雨になるかもしれないと心配しましたが

無事雨も降らず、上棟日よりの天気のいい一日となりました。

とても暑い1日でしたので、細目に水分補給をしながらの作業となりました。

大工さんとレッカーさんにより

みるみるうちに建物の全体像が完成していきました。

閑静な住宅街の一区画に、屋根の流れが美しい建物が経ちました。

これから本格的に工事が進んでいきます。

安全第一に工事を進めて参ります。

Staff.I