Blogブログ

建物外部の工事

矢掛の家

天気に左右され外の工事が思うように進みませんが

雨の日は室内、そうでない日は外部の工事が前に進んでいます。

写真は数日前の現場の様子ですが、現在は外壁板の下地を打ち終わり

軒天の板貼りを始めています。

「軒」は外壁から屋根が外へ飛び出した部分の事でその裏側を軒天と言います。

「軒裏」と言ったほうがピンとくるかもしれませんね。

平屋なので軒天の面積も広く板貼りは数日間かけて行ないます。

 

この板貼りの際は空気の入口となる隙間を設けて施工しています。

矢掛の家は屋根断熱にしているため小屋裏も室内として扱っていますが

屋根には外壁・軒天から取込む空気を棟から排出し躯体や断熱材を

湿気から守る通気層を設けています。

屋根は日差しや雨の影響を強く受けるため通気層は重要な役割をもちます。

湿気の逃げ場が無くなれば、湿気は断熱材に溜まり断熱性能を低下させ

また木部の含水率も上がり躯体の劣化を早める原因にもなり得ます。

 

この通気についても各所適正に納めながら工事は進んでいるのです。

駐車位置

藤原の日記

薄曇りの涼しい一日ですね。これくらいの気温だと過ごし易いですね。

岡山や倉敷の地方都市では、必ず車が必要になってきます。

一家に一台の時代から、今や2台は必ず必要となり来客用となると3台となります。

住宅を設計する際には、車の駐車位置が大切になってきます。

車の駐車スペースに屋根をかけるのか、そのままにするのか、はたまた建物の中に組み込むのか、、、色々と方法はあります。

私の設計では、アルミ製の一般的なカーポートは使用しませんが、スチールと木を使用しながら住宅に合うようにして行きます。

建物に組み込む場合は、ビルトインガレージといって建築の一部として設計していくので、統一感があり動線もすっきりとまとまります。

車の止める位置により設計は大きく変わりますが、この当たり前を少し変えることがこれからは大切になるかもしれませんね。

藤原昌彦

一緒に住まう

藤原の日記

早いもので、7月に入りましたね。
コロナウィルスの影響もあり、何もできない状態で月日が過ぎた気がします。

親世帯の住宅の一部をリノベーションを行い、二世帯住宅へ

最近の依頼で多くなっている事の中で、関東からの移住もそうですが、二世帯住宅のお話を頂きます。

東日本大震災以降、自然災害に驚異にさらされる状況が続き、さらにはコロナウィルスへと。

そのような中、家族が一緒に住まう選択があります。

多世帯が近くまたは、同一敷地に一緒に暮らす。

多世帯が一緒に暮らす事は、大変なことが多くあるかもしれません。世代が違えば、考え方も異なり暮らし方も異なります。

その中で、一緒に住まうことを考え暮らすことは、これからの時代にあっているのかもしれません。

藤原昌彦

小さくつくる

藤原の日記

雨が降ったり晴れ間が見えたりと不安定な一日。

南区の離れ 敷地面積20坪の中に、建築面積9坪 延べ床面積20坪の住空間を。

住宅は大き方(広い)が良いのか小さい方が良いのかは、悩ましいと感じます。

大は小を兼ねると言うように、大きに越した事は無いと思いますし、建築的に考えると大きい方が良いとも思えます。

小さい住宅(狭小住宅を含め)はダメなのかと言うと、どちらかといえば私は小さい住宅が良いと思います。

小さい住宅には、特有の不便さがあり、その中で豊かさを感じると思います。

多くのメリットもあり、人生をある意味豊かにすることでもあるのではないでしょうか?

最近は、郊外や自然豊かな環境で設計をさせていただくことが多いのですが、久しぶりに街中の狭小敷地に狭小住宅の設計も行いたいと思っています。

藤原昌彦

室内の造作

関の家

関 の家 は内部の木工事が各所仕上がってきています。

キッチン周り・和室以外はほぼ形が出来上がりました。

キッチンはリビング・ダイニングと床の高さを変えたスキップフロアにしています。

LDKの空間は繋がっていますが、段差をつくることで立体的な空間となり

仕様も変えていることもあって、分けられた空間のようにも感じます。

また目線の高さも変わってくるので一つの空間でも変化を感じられます。

工事中はまだわかりにくいですが、全てが完成した時にどう感じていただけるか

楽しみです。

 

スタッフ.T

囲む様に

藤原の日記

今年の梅雨は、梅雨らしくもあり例年に比べると過ごし易い気がします。

津島福居の家 セミコートハウス形式で庭を囲う様に居場所を創っています。

住宅における豊かなものについて、よくお話をしています。

太陽の光や熱、風や音、匂いやコミュニケーションなどなど。

良いものは取り入れて、必要ないものは遮断する。

屋外との繋がりがどの様にあるべきかが重要になってきます。

その一つに「庭」のあり方です。

敷地の形状や広さ、その周辺環境にも左右されてきます。

よく設計する方法としては、コートハウスいわゆる中庭のある住宅です。

建物で囲む様に「庭」をつくり、住宅のいろいろな場所から「庭」を眺めたり、楽しめる様にして行きます。

写真は、岡山市で設計を行った津島福居の家。

セミコートハウス形式で、アプローチから庭を感じ、いろいろな居場所から楽しめる様にしています。

藤原昌彦

段差のある空間

その他

天気の良い爽やかな1日。

二つ庭の家 こちらの住宅にも一段下がったリビングと、読書コーナーを兼ねた中二階のセカンドリビングがあります。

本日は、設計を考えられている方を「田井の家」へ案内を行いました。

タイミングなど中々合わせづらいことも多いのですが、実際に生活している姿や生活をして見ての感想など、直接話を聞ける良い機会でもあります。

田井の家でもそうですが、私の設計する住宅には段差のある空間が多くあります。

岡山市南区にある「南区の離れ」。現在はアトリエとして使用していますが、ここでも多くの段差のある空間としています。全部で、5つの高さの違う空間としています。

段差のある空間はスキップフロアーとも言われます。

スキップフロアーの意図としては、空間を緩やかに仕切ることであったり、視線を長くすることであったり、色々とありますが「南区の離れ」で考えた事は気持ちのステップアップが中心にあります。

気持ちが弾む様に登って行く感じをスキップフロアーによりできないかと考えたものです。

バリアフリーが叫ばれていますが、住宅には少しの不便さも必要だと思っています。

その一つが、このスキップフロアーに代表される段差のある空間。

身体的な段差の上がり下りも含め、危険を察知する力もこの不便さにより養われのではないでしょうか。

藤原昌彦

平屋に住まう

藤原の日記

ジメッとした湿気の多い1日ですね。

高梁の家 伸びやかな平屋建ての住宅

本日は、矢掛の家の現場での打ち合わせをクライアント様と行いました。

伸びやかな平屋たての住宅です。

ここ数年で、岡山市や倉敷市でも平屋建ての住宅の要望が多くあります。

約半数が平屋建てを設計させて頂き、現在設計をしている住宅でも平屋建てがあります。

平屋建てのメリットは多くあるので、ここではデメリットと思われる事を下記にまとめます。

デメリット:車の駐車スペースを考えるとある程度の敷地の広さが必要。
      平面計画が単調になりやすい。(上下階の移動がないため)
      価格が2階建てに比べて高くなる(約1.5〜2割程度)

街並みを丁寧に創り上げて行く為にも、平屋建ては良いと思います。

住宅を考える際には、一度選択肢の一つとして考えてみると良いと思います。

藤原昌彦
      

車の止め方

藤原の日記

シトシトの雨が降り、一気に蒸し暑くなった一日。

当面、ぐづついた天候が続きそうですね。

住宅の配置を考える際に一番に考えることは、気持ち良い場所がどこなのかになりますが、岡山では車がなければ生活できな現状もあるので、車の配置・駐車位置が大変重要になってきます。

私が設計する際には、一般的に使用されているカーポート(アルミ製の物)は使用しません。

雨の日には助かるのかもしれませんが、そうであれば住宅に合わせてきちんと設計を行うことで、街並みにも寄与できるものとなります。

車の駐車で考えるとガレージハウスやビルトインガレージがあります。

住宅の一部に組み込むことで、全体的にまとめやすくなり動線を含め使いやすくなってきます。

車に支配をされてしまう事は避けなければなりませんが、便利なものとして考えていかなければなりませんね。

藤原昌彦

床暖施工

矢掛の家

今日は床暖房の温水マットを施工しました。

マットの銀色の部分に見える細い管の中を、温水が通ることによって

床が暖められていきます。

冬場などはどうしても冷気が足元に滞ってしまい

足元が冷えてしまいます。

しかし床暖房を設置することによって、足元が暖められるので

スリッパもいらず、裸足で快適に生活することができます。

スタッフY