田井の家ⅡBlog

サッシ取付

ダイライト(耐力壁)を施工後、サッシを取付けしました。

こちらは浴室の窓です!FIXと縦辷出し窓を組み合わせています。大きい窓があるお風呂も気持ちが良いですね!!

こちらは小屋裏収納です!LDKは勾配天井ですが、居室スペースはフラット天井なので、小屋裏収納を作りました。普段使わない荷物をしまえるスペースがあるのは安心ですね!!

屋根工事

屋根は、ガルバリウム鋼板の横葺きです。

まずは、アスファルトルーフィングを敷いていきます。

ガルバニウム鋼板を葺いています。

屋根の一部分に太陽光パネルを設置するようになっています。

上棟式

今回は、地鎮祭でもお願いした地元の神社に依頼して、上棟式を執り行いました。

無事に建物が完成することを願い、執り行いました。両家のご両親にもご参加頂き、骨組みの段階ではありますが、ご覧頂けて大変嬉しい機会となりました。

断熱材

上棟後、継続して大工工事をしています。基礎、屋根下に断熱材を入れています。

基礎に断熱材を敷いた後、大引きを施工していきます。今回はネオマフォームという断熱材を採用しています。色がピンクなので、賑やかですね。

この後、水道配管や電気配線、パッシブのダクトを配管し、床合板を貼っていきます。

上棟

1月中旬。上棟しました。

四方のお清めをし、工事スタートです。

約270坪の敷地に建つ平屋建てです。LDKと居室・水廻りをL型に配置し道路側に向けて開けています。

前面道路から建物まで距離があるので、開けていても気にならず、プライバシーも確保しながら、解放感もあります!

クライアント様にはお弁当屋差入れなどして頂き、大工共々大変喜んでいました。ありがとうございます。

建築が建ち上がる瞬間を共に過ごすことが出来、幸せな一日となりました。

土台敷き

年明けより、構造材の搬入をし、大工さんが土台敷きをしています。

SE構法の部材である黒い柱脚金物を事前にセットし、そこに土台を敷いています。

そして、上棟の際に使用する梁や柱にも金物をセットします。

ここまで準備ができたら後は上棟日を待つばかりです。

立上りコンクリート打設

型枠を組んでいます。

コンクリートを流し込み、横で振動機をつかってムラなく隅々まで行きわたらせます。

この後は、養生期間をおき、型枠の解体をします。

基礎工事の完工で年内の作業は終了です。年明けからは、構造材の搬入、土台敷きをしていきます。

基礎工事2

基礎の配筋工事をしています。

外枠を組み、配筋をしています。

配筋が終わると第三者機関による配筋検査を行いました。

図面通りにできているか、配筋ピッチに間違いがないかなどをしっかりと検査してもらい、指摘事項なく合格しました。

次は土間コンクリートの打設を行います。