2020年9月Blog

感想を頂く

藤原の日記, 関の家

爽やかな秋晴れが続きますね。気持ちの良い空が広がります。

岡山市中区で設計・建築を行なった「関の家」は完成見学会を開催しています。

完成見学会に参加された方より、メールにて感想を頂きました。

その場で、見て頂いた感想をお聞きすることはありますが、メールでの感想をいただいたのは初めてで嬉しかったです。

こう行った感想を頂くことは、大変嬉しく励みにもなります。

いろいろな方から、感想をいただけると嬉しいです。お待ちしております。

藤原昌彦

見て、体感すること

藤原の日記, 関の家

暑さ寒さも彼岸まで。朝晩は肌寒く感じる様になって来ましたね。

岡山市中区で完成した「関の家」では、完成見学会を開催しています。

完成見学会を開催するのは、年に数回しかなくバウムスタイルアーキテクト の建築を見て、体感できる数少ない場です。

よく「写真で見ているので分かりますよ」と、言われる方がいらっしゃいますが、今回ご覧いただいた方からは、口々に「これは実際に体感しないとわからない」と言われたのが印象的でした。

建築は、モノであるものの立体空間であるため、実際の空間に身を置かなければその良さは分かりません。

物は、カタログなどで選べばすみますが、空間は写真で選ぶことはできないです。

見て、体感して、任せられるかを判断することが、家づくりへの成功の第一歩です。

藤原昌彦

珪藻土 下地

矢掛の家の珪藻土下地処理が始まりました。

リビングのアール天井も完成し、珪藻土を塗る為の準備段階です。

この下地処理をきちんと行うことで、上から塗る珪藻土の仕上がりも

きれいなものになります。

珪藻土が塗り終わると、この写真の雰囲気もガラッと変わり

急に完成が近くなった感じがしますよ。

塗り終えた姿が楽しみです。

スタッフ Y

最後の調整

その他

しとしとと秋の雨。一雨ごとに涼しくなって行き、秋がだんだんと深まって行きます。

岡山市中区で完成を迎えた「関の家」。

最終調整や照明の調整などで、現場へ行って来ました。

出会いから完成まででいうと約3年、ようやく完成です。

クライアント様も遅い時間でしたが、現場に来られて完成した姿を見ていただきました。

明日から、4日間の完成見学会(予約制)

もう少し空きがありますので、ぜひこの機会に。

予約は、こちらから。

https://www.baum-style.com/news/住宅建築完成見学会のお知らせ完全予約制/

藤原昌彦

継承する

少し蒸し暑い気がしますが、涼しくなって来ましたね。今年は、どうやら冬の訪れが早い様です。

真備町の家Ⅲでは、既存の植栽を移設する工事が始まりました。

建物にかかる部分や少し傷んでいる木々は、移設や撤去をして、新しく建築する建物に合わせられる様にして行きます。

合わせて、外構工事で使用する石なども拝見し、どうしようするかを再度現地で考えて行きます。

この石は、以前の家にあったものをどうにか使用したいと思い残して頂いたものです。

時間を紡いだものを使用することで、いろいろなものを継承していくことができればと思います。

藤原昌彦

命を吹き込む

藤原の日記, 関の家

日中も過ごしやすくなりましたね。秋がだんだんと深まるのを感じます。

造園前の関の家
植栽を施すとどう変わるか楽しみです。

岡山市中区で建築中の「関の家」では、本日より造園工事が始まりました。

木を植えることは、建築に命を吹き込む行為だと思っています。

建築という人工物に自然の木を添わせる。

建築が生き生きとし、暮らしの始まりを感じます。

完成まで、もう少し。

非常に楽しみです。

藤原昌彦

仕上りが見えてきました

まもなく室内の内装仕上げが始まります。

それに伴い電気屋さんによりスイッチやコンセント位置の開口作業や

木部の塗装工事が行われます。

写真は少し前の現場の様子です。

ここは天井部分が丸くなっていますね。

大工さんの工夫と技術できれいな弧を描いています。

まっすぐな壁や天井ばかりの中でこの空間が仕上ると

どんな雰囲気になるでしょう。

そしてここはどんな仕上がりになるでしょう。

次回現場へ行くのが楽しみです。

 

スタッフ.T

木を植える事

藤原の日記, 関の家

一気に秋が来た様な気候になりましたね。日中も少しずつ過ごしやすくなって来ました。

岡山市中区で建築中の「関の家」では、明日から造園工事が始まります。

建築は、自然素材の材料を使用しても無機質に見えてしまいます。

木を植える事は、そんな建築を色っぽく、上品に見せてくれる様になります。

風により枝や葉が揺れ、自然を感じることができる。

植栽の緑は、暮らす方だけでなくその周辺に住まれている人でさえも安らぎを与えます。

住宅と庭をつくることは、風景をつくる事です。

街並みに潤いを与え、美しい建築・空間が人々の暮らしを豊かにしていくと思います。

藤原昌彦

着工

山田の家, 藤原の日記

秋の気配が感じられる様になって来ましたね。

クライアント様から頂いたお茶です。

本日は、岡山市南区で設計を進めていた「山田の家」の地鎮祭を執り行いました。

手続きの関係で、土地の引き渡しが遅れてようやく着工する事になりました。

コンパクトな端正な佇まいの住宅です。

効率よく建築を進めて行きたいと思います。

藤原昌彦

感情に訴えかけるような

藤原の日記

蒸し暑いにが続きますね。まだまだ、日中は暑さが続きそうですね。

牛窓の家 終の棲家の平屋

美しい住宅・空間に出会うと、心が震えるような感動を覚えます。

建築は、心に影響を与えるものだと常に思って設計を行なっています。

心を安らかにもする建築。

普通でありながら暮らしの中で、感情に訴えかけるような空間を。

藤原昌彦