吉備津の家(岡山市)Blog

浴室

少し動くだけで汗をかくような、、、蒸し暑くなってきましたね。

これから、気温が高い日々が続きそうです。

熱中症対策をしっかりとしたいと思います。

吉備津の家は、ユニットバスの施工を行いました。

浴室といえば、タイルを張ったイメージをされる方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

タイルを張った浴室は、耐久性とデザイン性、オリジナル性が高いですが

タイルのひび割れを放置していると、水漏れにつながる可能性があります。

施工性と手入れのしやすさ、断熱性はユニットバスの方が優れています。

そういった点から、ユニットバスが主流になっております。

またハーフユニットバスという商品もあります。

床から浴室まではユニットバスで、壁と天井を自由にデザインできます。

様々な浴室があるので、自分に合った浴室を考えることも

住宅を建てる楽しみですね。

吉備津の家はこれから、2階床と壁下地の施工

外部は焼杉板を貼っていき、そとん壁を施工が始まります。

Staff.I

吉備津の家は、庇の施工を行いました。

庇は開口部の上に取り付けられる、日除けや雨除け用の小型の屋根です。

既製品の庇もありますが、バウムスタイルアーキテクトでは庇も造作で取り付けています。

小庇は杉板を使用しております。

既製品では出せない味があって、すっきりとした佇まいです。

吉備津の家は天候によりますが、これから外部の焼杉板を貼っていき

内部は窓枠の取付、2階床材の施工を行う予定です。

Staff.I

窓枠

梅雨に入りましたが、風が気持ちいいくらい晴れ晴れです。

吉備津の家は、窓枠の取付を行いました。

窓台か四方枠によって部屋の雰囲気が変わります。

少しずつ進んでいくのが楽しみです。

これから内部は床材・断熱材の施工、外部は軒樋や窓まわりの造作に入ります。

Staff.I

快適な温熱環境とは

心地よい風のある一日。幼少期の頃の梅雨時期はこんな感じだったかなと思い出して見たり、色々と環境は変わって来ているのだろう思いにふけっています。

岡山市北区で建築中の「吉備津の家」。

断熱の工事がほぼ完了し、明日は気密測定を行います。

私自身は、数値にはこだわりはあまりないのですが、施工の成績(キチンとした施工ができているかどうか)を見るために行なっています。

この住宅には、温熱環境を快適にする仕組みを入れています。

「パッシブ冷暖」システム

一般的な空調(市販されているエアコン)を使用して、効率よく階を空調して行く仕組みです。

吉備津の家の場合は、1階にはエアコンが一台のみ。床下空間を使い、ダクトを用いながら、効率的に循環させて行きます。

エアコンで、不快と感じる風を極力感じないように、自然と涼しく、暖かくなるようになっています。

特別な冷暖房機を入れるよりは、安価ですみそうですが、ダクトなど施工費はそれなりにかかります。

一般的なエアコンを使用しているので、ランニングコストはかなり押さえられると考えております。

完成後の快適性が一番大切なので、引き渡し後に色々とインタビューしていきたいと思います。

藤原昌彦

これから

はじめまして
先日のブログにて紹介していただいたスタッフIです。
他県で仕事をしておりましたが
コロナウイルスの拡大もあり、地元である岡山へ戻ってまいりました。

もうすぐ、入社してから1か月が経ちますが
やっと職場に慣れてきたかなと思います。
これから様々なことを学んで成長していきたいと思います。

この場を借りて軽く自己紹介させていただくと、私は映画が好きです。
今はコロナの影響もあり、映画館へ足を運べませんが
続々と出てくる新作映画に心躍っています。
早くあの大画面で見れる日が楽しみです。

吉備津の家は断熱材を施工し、天井の下地や窓枠の取付の工事を行っています。

また、床材を搬入しました。
久々の力仕事に少し筋肉痛になりました。

これから室内は床材を貼り、配管工事など順に施工していきます。

Staff.I

外部の施工

吉備津の家は外部の工事を主に進めています。

サッシを取付け、軒の施工や玄関の庇・窓の小庇などの板金工事も行っています。

外を先行して進めていきますが これから雨の日が増えてくるので

天候により室内の工事をしたり 施工順序を変えて進めていきます。

室内は断熱材の施工や窓枠の造作・取付け、床貼りなど順に施工していきます。

Staff.T

電気配線工事

今日は電気配線工事をしています。

バウムスタイルアーキテクトは、複雑な空間が多く、配線もよく検討をしながら施工しています。今回も現場で職人さんと確認しながら進めています。

上棟しました

澄み渡った青空の広がる一日。

岡山市北区で建築中の「吉備津の家」では、本日上棟致しました。

春の変わりやすい天候に、2週間待った甲斐があり気持ち良い晴天の中の上棟となりました。

クライアント様のこれからを表す様な天気で、爽やかな気持ちになります。

しっかりと準備を行ってきたので、スムーズに現場を進めていきたいと思います。

完成が楽しみです。

藤原昌彦

戴きました。

天気予報は当たるもので、あいにくの雨模様。

本日は、岡山市北区で建築が進んでいる「吉備津の家」の上棟日でしたが、雨のため日を改めることに。

建て留という、柱を一本建てさせて頂いて、上棟と致しました。

全体の建て込み作業は、後日行うことに。

その際に、クライアント様のお母様がお手製のお赤飯を作って下さったものを戴きました。

その赤飯と真備町の家Ⅲのクライアント様から頂いた筍で賄い飯を戴きました。

大変美味しかったです。

藤原昌彦