Blogブログ

土間スラブ打設

土間スラブを打設しました。

住居部分とは別にもう一つ基礎があります。

これは離れという扱いで、ご主人の書斎となる場所です。(下写真)

住居部分とはウッドデッキで繋げる計画となっています。

配筋と配筋検査

配筋が出来ました!約43坪の二世帯平屋建の為、基礎も大きく全体が写真におさまりません…。

この後、配筋検査をしました。

図面通りに施工できているか、ピッチが間違えていないかなどしっかり検査をしてもらいました!

合格したので、土間スラブ打設をしていきます。

基礎工事

基礎工事が始まりました。

まずは遣り方、掘削をし、捨てコンクリートをしました。

そして、墨出しをし、SE構法のアンカーベースを設置。

また、地鎮祭にてお預かりした鎮物をこのタイミングで納めました!

水道屋さんも配管のスリーブを施工しました!

次は配筋をしていきます!

ガレージ

ガレージにはOSBボードを貼っています。写真の茶色の部分です。

OSBボードは、薄く削られた木片を平行に配向させて積層し、接着剤を使って高温圧縮した合板です。DIYでも人気の素材として利用されています。

ガレージ内で車や、バイクのメンテナンス等をされるので、壁に工具を掛けたりもできますね。

そして、シャッターの反対側(住宅側)には扉があり、ここから出入りもできるようにしています。

電気自動車用のコンセントも設置しています。

畳、ハニカムスクリーン

和室(茶室)に畳を収めました。

障子は雪見障子にしました。外部に板塀をしているので、障子を開けると坪庭が見えます!

実は、この障子は右側の壁内に2枚とも引込むことができるようにしているので、大きく開放することも可能です。

各部屋にはハニカムスクリーンを取付けました。

ハニカムスクリーンは断面が六角形の形をしていて、この空気層が断熱効果の役割を持っています。夏と冬の窓際の遮熱と断熱対策にもなるので、バウムスタイルアーキテクトではよく採用しています。

鏡、網戸取付け

造作の洗面化粧台に鏡を取付けました。

造作の為、間口約2mの広い洗面化粧台を作ることが出来ました。

誰かが歯磨きをしていても、横でお化粧をしたりすることが可能です。朝の混雑する時間帯でもイライラせず支度ができるのが魅力的です。

今回採用したボウルは「実験用流し」と言われるもので、洗面用ではありませんが、深めの流しなので使いやすいです!

洗面台横には大きな収納もあります!洗剤などストックができるようにしています。

左側の扉が少し空いているのは、ルンバが納まるようにする為です。そう!基地です!

バウムスタイルでは一階は段差を付けて空間にメリハリをつける為、ルンバを使うことが難しいですが、今回は2階に水廻り(洗面・お風呂・家事脱衣室)、個室としていて髪の毛や埃なども溜まりやすいのでルンバが活躍してくれそうです!

美装

美装をしました!!やっと床の養生が取れ全体が見えました(*^^*)

蜜蝋を塗ったので、床の色が濃くなりました。まだ塗りたてですが、これから馴染んでいきますよ!

特に水廻りは定期的に蜜蝋を塗ったりしてメンテナンスをすることで、綺麗に保つことができます!

和室仕上げ施工

和室(茶室)の天井は葦ベニヤを採用しています。写真はベニヤの継ぎ目に竹押さえを付けています。

茶室としても使用する和室には炉を設置しました。今回は電気炉なの床下に配線を仕込んでいます。

住宅建築に掲載されました!

スタッフ日記, その他

住宅建築 6月号に「御津の家」が掲載されました!!

設計施工の思考と創造という特集で、全国の設計施工で家づくりを手掛けている4組の中に選んで頂きました。

まずは、数ある会社の中からバウムスタイルアーキテクトを選んで頂き、一緒に家づくりをしようと決心してくだったクライアントに感謝いたします。そして、クライアントと私達の想いを形にしようと協力をしてくれた業者の皆さんに感謝いたします。本当にありがとうございました。

これからも「美しい家は美しい風景を創り、そして人の心を豊かにします。」という理念を基に美しい住宅を創っていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

書店にお立ち寄りの際は、是非お手に取ってくださいね!