藤原の日記Blog

新たな刺激と感謝

藤原の日記

台風の影響でしょうか?

風が少し強いようですね。何事もなく通過すればよいのですが、

次の台風も来ているようで、気を付けていきたいですね。 (さらに…)

続く

藤原の日記

 

 

さまざまな方向から考え、検討し思考を深めて、プレゼンテーションを行います。

方向性が間違っていないのか、お客様の要望をできる限り取り込み

予算との格闘もある。

最初のプレゼンテーションの際には、資金計画をお見せして、

予算的に大丈夫かどうかの確認をしていただく。

方向性が一致して、予算が適正な範囲であれば、次の段階へ。

ここから、お客様とプランを練りこんで、さらに金額調整を行いながら

整理を行っていくことが本来のスタイルではないかと思っている。

だが、ここ最近はこの事が間違いなのではないかと思う出来事が多い。

まだ、始まったばかりなのに・・・。終わらされる。

真摯に、誠実に信念を持って、続けて行こう。

すべてに、感謝。鎌倉の分居3

 

 

空間は五感で

藤原の日記

今日は、雨模様ですね。

なかなか、雨が降らなかったので心配でしたが、

これからたくさん降る可能性がありますので、

皆さん気を付けてくださいね。 (さらに…)

共感

藤原の日記

梅雨の時期ですが、雨が少ないですね。

山の向こうでは、入道雲らしき雲も見えます。

今も数件の住宅の設計を行っている最中であるが、

日々格闘をしている。

敷地を読み取り、まだ見えない空間を創造しつつイメージを膨らませる。

色々な要望がある中、出来る限り応えながら。。。

打合せが進むにつれて重要になってくるのは、お互いの共感ではないだろうか?

なぜ、この大きさなのだろうか?なぜ、この天井ん高さなのだろうか?

なぜ、この開口部の大きさなのだろうか?

広いところ、狭いところ。低いところ、高いところ。明るいところ、暗いところ。

この様な、一つの考え方を共感できなければ、量産メーカー(ハウスメーカー)と同じような住宅になってしまうのではないだろうか?

IMG_5194[1]

Okayama N_house(小さな森のお菓子工房のある家)は、

共感して頂き、任せて頂けた仕事の一つである。

お菓子工房「sweet 菓乃葉」はオープン後、お客様が多く

来てくださっています。(お菓子もかなりおいしいですよ。)

手紙

藤原の日記

本日も暑かったですね。まだ、梅雨に入ったばかりなのに、山の向こう

には入道雲らしきものが見えていました。(まだ、早いと思うのですが)

(さらに…)