藤原の日記Blog

家と庭

藤原の日記

雪がチラつく、かなり寒い一日。太陽の暖かさが嬉しいですね。

倉敷真備町にて建築中の「真備町の家Ⅲ」で、造園家の荻野寿也さんと造園・外構の打ち合わせを行いました。

今年最初の打ち合わせでしたが、クライアント様と共に和やかな雰囲気で打ち合わせを行いました。

住宅を建てる際に、私は家と同じぐらい庭も大切に扱っています。

家は人工的なモノでありますが、そこに樹木の生きた自然が入ることで人が暮らす空間が出来て来ます。

植栽を施すと言われる事は、手入れが大変や草抜きが。。。などなど。

どんなものでも必ず手を入れてあげなければ、長持ちしないと同じ様に多少の手間はかかります。

しかし、落ち葉もそこに落ちている事が風流に感じる事が、暮らしを豊かにして行くのではないでしょうか?

自然に落ちた落ち葉が、その瞬間のデザインとなり雰囲気をグッと良くする。

必要なのは、家や樹木そのものではなく、そこで営まれる暮らしであったり、出来事だと思います。

そのことを分かって頂けるクライアント様とそこを目指すパートナー(造園家 荻野さん)と一緒に手がける事ができるのは本当に嬉しく感じます。

造園は、最後の最後となりますが、クライアント様も含めてワークショップを行いながら造園していきたいと考えています。

もし参加されたい方がおられる様であれば、お問い合わせください。

藤原昌彦

みんなで

藤原の日記

寒波の影響で、かなり冷え込んで来ましたね。

本日から仕事始め。

スタッフとみんなで、氏神様にまずはお参りをして、由加神社へ初詣へ。

今年は、コロナの影響もあり参拝されている方は非常に少なく、少し寂しい気もしましたが、仕方がないですよね。

今年は、早くみんなと気兼ねなく逢える様になると良いですね。

藤原昌彦

バランス

藤原の日記

週末は、かなりの寒波で寒くなりそうですね。気をつけていかなければなりませんね。

人は心地よい空間を求めている気がします。

住宅においても、同じで心地よい空間に身をおくことが大切です。

空間のバランスは、空気感の軽い重いがあると思います。

それをコントロールする方法は、その場所などで色々と方法はあります。

和室を考えて見ると、床の間の部分にある落とし掛けと呼ばれる材料がありますが横並びにある押入れの鴨居から少し高い位置ににあります。

床の間の空気感を軽くしたいために先人の方々が考えた手法である。

和室にいると背筋は伸びるものの心地よさを感じるのは、空気感の重い軽いを巧みな感じとりそこに宇宙を感じるからです。

人は、そのバランスの良い空間を求めていて、このバランスのとれた空間が心地良さを感じるのです。

天井が高い部屋も、天井が低い居場所も色々なもののバランスを考えて行くと、心地よさが生まれ、心身共に健康になって行くのではないでしょうか?

心地よい美しい空間を

藤原昌彦

事始め

藤原の日記

早いもので、三が日も過ぎてしまいました。多くの方々が、本日から事後と初めの方も多いかと思います。

バウムスタイルアーキテクト では、6日まで冬季休業とさせていただいておりますが、私は二日より色々なことを始めています。

事始めは、これから設計を行う住宅の計画から。

プランを行う事は、考え抜く事。

事始めには、良いスタートとなりました。

藤原昌彦

本を読む

藤原の日記

穏やかな天候の三が日。

長い休みになると、できる限り本を読む様にしています。

今回読んだ建築に関係する本。

建築家 吉村順三の言葉をまとめた本ルイスカーンの作品集。

吉村順三は、あまり文章を残していないので、インタヴューや雑誌の対談などでの記録が主ですが、深い言葉に溢れています。

ルイスカーンは言わずと知れた、巨匠の一人。

作品には、本物の素材が使われておりその経年変化による風合いが非常に美しい。

コロナが落ち着いたら、一番見て体験して見たい建築です。

もう少し、本を読みます。

藤原昌彦

一年の計は元旦にあり

藤原の日記

凛としたお正月としては寒さのある1日。

「一年の計は元旦にあり」

毎年、一日の午前中に今年一年どういった年にするのかを考えます。

現状の様なコロナ禍の中、多くの方々にお逢いすることが出来、色々なお話をさせて頂けることに感謝致しております。

今年は、昨年に続き状況が大きく変わる事は難しい状況の中、住宅・暮らしを再度見直し「豊かな美しい空間」を創り続けて行きたいと思います。

そして、次なる挑戦をして行きたいと思います。

一つの目標でもあった、建築の専門誌に掲載をしていただくことが出来ました。

今年は、他の専門誌に掲載されること、そして続けて掲載されることを次のステップとして目標としています。

雑誌掲載は、クライアント様の想いがあってこその延長線上にあります。

その想いに応えつつ、良い建築・美しい住宅・豊かな暮らしのある空間を邁進して行きたいと思います。

藤原昌彦

謹賀新年

藤原の日記

新年明けましておめでとうございます。

新年の爽やかな空を感じながら迎えることができました。

いつもと違う新年の始まりかもしれませんが、皆様と共に楽しんで行きたいと思います。

明けない夜はありません。明るい明日に向かい頑張って行きましょう。

本年もよろしくお願いいたします。

2021年 元旦

藤原昌彦

大晦日

藤原の日記

寒波の影響で、例年になく寒い大晦日。

今年も本日で終わりを迎えますね。

大晦日、何時もであれば新しい年を迎える準備をしてワクワク感がある季節ですが、今回はいつもと違う年末年始となります。

今年の反省は今年のうちに行い、新たな年に向けて前向きに行きたいと思います。

今年は、本当に多くの方々に助けて頂きました。

目標の一つとしていた、建築の専門誌に掲載いただくことも出来ました。

クライアント様の任せて頂いたことに始まり、多くの方々に支えられた結果であります。本当に感謝致します。

来年も一邸一邸、丁寧に設計・建築に邁進して行きたいと思います。

皆様、良いお年をお迎えください。

藤原昌彦

新たな年を迎える準備

藤原の日記

風の強い寒い1日でしたね。明日は、大晦日。雪が降るかもしれませんね。

本日から、お休みを頂いております。

各現場においては、新年迎える準備を行いました。

現場も、休みとなり静かな風景へと変わります。

新たな年も活気溢れる現場となります様に。

完成に向けて楽しみが満載な新年となります。

藤原昌彦

仕事納め

藤原の日記

過ごしやすい年末の一日。

本日で、仕事納め。

スタッフとともに、アトリエの大掃除を行いました。

毎朝、日常の掃除はしているものの、細かな部分をみると日々の汚れの積み重ねが見受けられます。

掃除を行うことで、気持ちも晴れやかになりますね。

小さなアトリエですが、気が付けば夕方までかかってしまいました。

掃除が終わり、通常ではみんなで忘年会となりますが、この様な状況下なのでアトリエにて静かに忘年会を行いました。

手作りのピザと昨日から仕込んでおいたフライドチキン。

明日から、1月6日までお休みを頂きます。

新年は7日から行いますので、お問い合わせにつきましては順次ご対応いたします。

藤原昌彦