アンカーボルト設置

円山の家, スタッフ日記, 現場レポート

こんにちは。

本日から9月ですね。
既にスーパーでは、ハロウィンパッケージのお菓子や鳴門金時などの芋コーナー
なんかがあったりとすっかりと秋仕様となっています。
相変わらず暑さだけは、夏ですが。。。

さて、岡山市中区で建築中の円山の家は、アンカーボルトの施工をしています。

今回アンカーボルトは2種類あり、
①型枠から大きく飛び出しているものが基礎と柱を緊結するために使用される
ホールダウン金物用のアンカーボルト。
②型枠と同じ高さくらいで入っているものが基礎と土台を緊結するための
アンカーボルト。

これらは、構造計算により種類や・位置・本数が決められます。
きちんと施工されていなければ地震時の揺れで柱や土台が基礎から離れる、
つまり倒壊の原因となります。

正しく施工されているか1時間程度確認作業を行いました。
問題なく施工されていたため次の工程へ進むことができます。

コンクリートを打設し養生期間を経て型枠解体となります。

Staff. Y