浴室

吉備津の家(岡山市), スタッフ日記, 現場レポート

少し動くだけで汗をかくような、、、蒸し暑くなってきましたね。

これから、気温が高い日々が続きそうです。

熱中症対策をしっかりとしたいと思います。

吉備津の家は、ユニットバスの施工を行いました。

浴室といえば、タイルを張ったイメージをされる方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

タイルを張った浴室は、耐久性とデザイン性、オリジナル性が高いですが

タイルのひび割れを放置していると、水漏れにつながる可能性があります。

施工性と手入れのしやすさ、断熱性はユニットバスの方が優れています。

そういった点から、ユニットバスが主流になっております。

またハーフユニットバスという商品もあります。

床から浴室まではユニットバスで、壁と天井を自由にデザインできます。

様々な浴室があるので、自分に合った浴室を考えることも

住宅を建てる楽しみですね。

吉備津の家はこれから、2階床と壁下地の施工

外部は焼杉板を貼っていき、そとん壁を施工が始まります。

Staff.I