高梁の家 2019

桜が美しい庭と広い敷地の平屋建て。
前の所有者が大切にしていた庭を活かし、眺めてくつろげる家を考えた。

外観は高橋の街並みと既存の蔵に合わせて、屋根にはいぶし瓦、外壁は焼き杉板を使用した。

平屋はT字型にして、プライベート空間とパブリック空間と桜を愛でるくつろぎの場を分けた。
平屋を斜めに貫通するように設計されたテラス(ウッドデッキ)。
リビング・ダイニング、洗濯室、勝手口、それぞれから目的に合わせたテラスに出られる。

庭には桜のほかに梅や紅葉もあり、四季折々の彩を見せてくれる。
リビングから伸びるテラス(ウッドデッキ)は桜に向かっている。

特徴的な玄関屋根。屋根部分は玄関の内側まで続いており、自然と招き入れられたような印象を受ける。

和室にある大きな開口部。たっぷりと自然光を取り込み、壁に飾られた絵のように庭を眺めることができる。

木と薪ストーブのある温かい雰囲気のダイニングスペース。リビングより1段高い位置にあるので、庭への目線を邪魔されない。

リビングを一段低くしたことで、ソファに座れば窓枠に邪魔されることなく桜全体を眺められるようにした。

居場所や時間によって光と影の移り変わりを楽しめるように開口部を設けている。

高梁の家

高梁の旧街道沿いの古い街並みの残る地域に建つ平屋住宅。
敷地は広い。前の所有者により丁寧につくりこまれた桜の美しい庭や、築100年程の立派な蔵が残っていた。
この庭を活かし、桜を愛でながらくつろげる家を考えた。
平屋、庭、蔵、住まう人が一体となった豊かな暮らしの空間ができあがり、高梁の街並みに潤いを与える住宅になれるよう、年月をかけて成熟してほしいと願う。

木造/在来軸組工法(平屋建て)
延べ床面積:153.81㎡
設計:藤原昌彦(バウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所)
施工:木口建設株式会社
構造設計:長坂設計工舎 長坂健太郎 馬上友弘
設計期間:2016年10月~2018年5月
施工期間:2018年11月~2019年11月
写真:笹の倉舎/笹倉洋平