大空間で北欧テイストの二階リビング「白楽町の家」 2019

倉敷市白楽町に建つ4人家族の住まい。
大手ハウスメーカーの家で埋め尽くされた住宅地に、ひっそりと慎ましやかな佇まいの家を建てた。

白楽町の家 大空間で北欧テイストの二階リビング
白楽町の家 大空間で北欧テイストの二階リビング

外観は高さを抑えた控えめなプロポーション。
暮らしの中心であるリビングを2階にし、周辺の住宅と視線が合うことのないようにした。

白楽町の家 大空間で北欧テイストの二階リビング

リビングダイニングは屋根なりの勾配天井の大きな空間。北側の天窓からやさしい光が降り注ぐ。

白楽町の家 大空間で北欧テイストの二階リビング
白楽町の家 大空間で北欧テイストの二階リビング

キッチンリはビングダイニングと1枚の壁で分けた。壁の両端は通路になっていて、ぐるぐる回れるようにした。

白楽町の家 大空間で北欧テイストの二階リビング

キッチン(舞台裏)を見られたくないときは障子で目隠し。

白楽町の家 大空間で北欧テイストの二階リビング

ソファ後ろのスペースにはたっぷりの整理棚も。

大空間で北欧テイストの二階リビング「白楽町の家」

新規の分譲地で周辺には大手ハウスメーカーの家で埋め尽くされた住宅地。
周辺環境と相対する形で、ひっそりと慎ましやかな佇まいの家を計画した。
外観は控えめな印象ながらも、広々としたLDKのある家になった。
この広いLDKに、家族が大切にしている北欧の雑貨が彩を与え、暮らしが豊かになる住宅となった。

木造 2階建て/SE構法(長期優良住宅)
延べ床面積:105.30㎡(31.85坪) 長期優良住宅
建築設計:バウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所 藤原昌彦
構造設計:株式会社NCN
造園設計:バウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所 藤原昌彦
設計期間:2017年5月~2018年8月
施工期間:2018年7月~2019年3月
写真:田中園子(クオデザインスタイル)