終の棲家の狭小住宅「国府市場の家」 2019

コンパクトな暮らしを望む、50代夫婦家族の建て替えの住宅。

国府市場の家 終の棲家の狭小住宅

広くて大きな敷地。
将来息子さんに敷地の半分を分られるよう、奥側に建物をコンパクトに納められるよう計画した。

国府市場の家 終の棲家の狭小住宅
国府市場の家 終の棲家の狭小住宅

3.5間角の正方形プラン、屋根は傘のようにかけた。

国府市場の家 終の棲家の狭小住宅
国府市場の家 終の棲家の狭小住宅

1階は生活スペースとなるキッチンダイニング。
建具の引手には自然素材を使用している。

国府市場の家 終の棲家の狭小住宅

リビングは2階。コーナーに開口部を設けた。
日差しが入り、明るく開放感のある空間になった。

国府市場の家 終の棲家の狭小住宅
国府市場の家 終の棲家の狭小住宅

2階には傘のような屋根のワンルーム。構造部分をあえて見せる、雰囲気ある空間になった。
パーティションのような間切りで個室にしている。将来、この間仕切りを撤去し、広く使えるようにした。

終の棲家の狭小住宅「国府市場の家」

小学校の側の環境豊かな場所に建つ、50代夫婦家族の住まい建て替え。
建て替え前の住宅は、広い敷地に増築を重ねた複雑な導線で、床面積の大きな住まいだった。
暮らしを確認したところ、実際に使用しているスペースは10坪にも満たなかった。
ご夫婦は将来息子さんに土地を分け与えたいという意向もあり、建て替えでコンパクトな住まいを要望された。
新しい住宅は、3.5間角の正方形プラン、屋根は傘のようにかけ、土地の奥側に建てた。
生活スペースは1階に、くつろぎスペースは2階に設置した。
2階はパーティションのような間仕切りで個室を作っており、将来息子さんが独立したときには、間仕切りを撤去し、広く使えるようにした。
素材の経年変化とともに、暮らしの変化が楽しめる住まいとなった。

木造/SE構法(2階建て)
延べ床面積:83.91㎡(25.38坪)耐震等級3・温熱等級4
建築設計:藤原昌彦 (バウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所)
構造設計:株式会社NCN
外構・造園計画:藤原昌彦 (バウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所)
写真:田中園子 (QUA DESIGN style)