Okayama N.A_House 2014

夫婦と子ども3人が楽しく生活できる住まいを望まれた。
敷地は、北側に道路、3面を住宅に囲まれている。
敷地に対して要望されている部屋数が多いため大きくなってしまう住居をできるかぎり敷地に余白を持たせてスマートに見せる工夫をした。

リビングの一片をカットし、敷地に余白を持たせてアウトドアリビングを設け開放感を。

カットした部分から光と風を取り込む。
3面を住宅に囲まれていても、明るく爽やかに。

外観は白で四角い箱型との要望。
正面から見たときに圧迫感がないように、手前の箱を小さくしている。
サイディング鎧張りの陰影により視覚的なボリュームが抑えられ、シンプルな白にも表情が生まれている。

カーポートの屋根を貫通した植栽が外壁に影をつくる。

2階は3人の子供スペース。
仲良く遊んだり机を並べて勉強する様子が思い浮かぶ。

Okayama N.A_House

北側道路、3面を住宅に囲まれた敷地に、夫婦と子ども3人が賑やかに楽しく生活できる住まいを望まれた。
敷地に対して要望されている部屋数が多く、建物自体が大きくなって周辺環境に圧迫感を与える可能性があったので、できるかぎり敷地に余白を持たせられるよう検討した。
3面を囲まれた敷地なので、光の取り込みと風の通り抜けをいかに取り入れるかが課題となった。
リビングの一片をカットし、敷地に余白を持たせ、その部分から光と風を取り込み、カットしてできた余白部分にはアウトドアリビングを設け、開放感をもたせた。
外観は白のシンプルな箱型を要望され、視覚的なボリュームを抑えられるようサイディング鎧張りにした。
鎧張りの陰影が生む建物の表情や、カーポートの屋根を貫通する植栽の影が、新たな街の風景に寄与できたのではないかと思う。

木構造(SE構法)2階建て
延べ床面積 : 136.50平方メートル(41.29坪) 長期優良住宅
構造設計 : 株式会社エヌ・シー・エヌ