スタイル目次 コンセプト目次 Blogカテゴリ menu

注文住宅、リフォーム、重量木骨の家なら岡山の設計事務所:バウムスタイルアーキテクト

Okayama M.K_House

木構造(SE構法)2階建て

Year:2015

延べ床面積:106.82平方メートル(32.31坪) 長期優良住宅
建築設計:藤原 昌彦 バウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所
構造設計:㈱エヌ・シー・エヌ
造園設計:藤原 昌彦 バウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所
設計期間:2014年12月~2015年6月
施工期間:2015年6月~2015年11月

敷地は、新しい道路の敷設による新規の開発住宅地である。
30代中盤のご夫婦とお子様のための住まいを考えた。
要望として、明るくのびやかに豊かな暮らしが出来るような空間を求められた。
 豊かな空間を築くため、この住まいは植栽やアプローチなどの外構の計画から始め、その上で建物のヴォリュームを検討し、屋外と室内をつなげるように設計を行った。
また、料理が好きな奥様の要望もあり、キッチンもデザイン設計を行いオリジナルのキッチンとした。出来る限り柔らかい空間となるように、キッチンの細かなデザイン(引手の形状など)を検討し、壁には珪藻土を使用することにより指先で素材を感じられるようにしている。また、風の流れや太陽熱の有効利用を検討し設計を行うことで、温熱環境をコントロールし、無理なく省エネルギーで生活できる住まいにすることで環境へも配慮した。(パッシブデザイン)
コンパクトでありながら、それらを感じさせない柔らかな空間とそこへつながる屋外の豊かさを取り込んだ心地よい住まいとなった。

Other Works
Works 一覧へ

撫川の家

Okayama H_House

倉敷羽島の家

Top