薪ストーブとスキップフロアの平屋「Akaiwa K_House」 2012

赤磐ののどかな場所に建つ住まい。
薪ストーブを中心に家族がくつろげる平屋建てを望まれた。

Akaiwa K_House 薪ストーブとスキップフロアの平屋

心地よい風が通る開口部。地域の気象条件の調査やヒアリングにより決定した。
軒で夏と冬の日差しをコントロールしている。
通風と日差しの温かさを利用することで、冷暖房に頼りすぎず過ごすことができる。(パッシブソーラー)

Akaiwa K_House 薪ストーブとスキップフロアの平屋

リビングの床はタイル張り。夏場はひんやりと気持ちの良い空間になる。
大きな開口部からは庭が見える。窓ガラス、鎧戸、障子と使い分けることで光を自由に調節できる。

Akaiwa K_House 薪ストーブとスキップフロアの平屋

住まいの中心に設えた薪ストーブが、どの部屋も一定の暖かさを確保する。

Akaiwa K_House 薪ストーブとスキップフロアの平屋

中二階のような小さな子供部屋。
平屋建ての家の屋根から突き出ている少し特別な空間。

Akaiwa K_House 薪ストーブとスキップフロアの平屋
Akaiwa K_House 薪ストーブとスキップフロアの平屋

いろんな居場所での光の入り方も丁寧に考えた。

シンボリックなアプローチ。のどかな中にも凛とした印象を与える。

Akaiwa K_House 薪ストーブとスキップフロアの平屋

屋外は原風景を感じさせる庭園。子供たちが自然と触れ合える場になっている。

薪ストーブとスキップフロアの平屋「Akaiwa K_House」

赤磐ののどかな場所に、薪ストーブを中心に家族がくつろげる住まいを望まれた。
構想期間に約2年をかけて施主様とじっくりと相談・検討し、完成したのが、住まいの中心に薪ストーブを設えた平屋建てである。

木構造(SE構法)平屋建て
延べ床面積:123.87平方メートル(37.47坪) 長期優良住宅
構造設計:(株)エヌシーエヌ
造園設計:バウムスタイルアーキテクト(基本設計)