真備町の離れ 2018

山間に建つ住宅の、母屋の裏手に若夫婦のための離れを考えた。

既存の母屋と裏手の山の関係性を考え、大きな高さのある空間を考えた。

リビングには山を臨む大きな開口部。

将来ウッドデッキを設けて出られる計画。

LDKは屋根の形状が分かる、天井の高い大きな空間。
ゆとりのある空間で、家族とゆったり過ごせる。

ロフトのスタディコーナー。秘密基地のよう。

真備町の離れ

真備町の山間に建つ住宅の離れの計画。
ご実家の裏手にあった、農作業用の倉庫を解体した場所に、若夫婦のための離れを考えた。
若夫婦はこの離れを家族が集まれる場にしたいと望まれた。
既存の母屋と裏手の山の関係性を考え、大きな高さのある空間を考えた。
LDKは、屋根の形状が分かる天井の高い大きな空間とし、キッチン・ダイニング・リビング・ロフトのスタディコーナーと、家族のそれぞれの居場所ができるよう設計した。
小さな離れであるが、豊かな環境と家族のつながりが豊かな暮らしを育む離れとなった。

木造/SE構法 平屋建て
延べ床面積:63.70㎡(19.26坪)
建築設計:藤原昌彦 (バウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所)
構造設計:株式会社NCN
写真:田中園子 (QUA DESIGN style)