岩井の家 2018

お母様とふたり、のびやかに暮らせる半二世帯的な住居。
多趣味なご主人のスペースと、お母様の独立したスペースを望まれた。

建物はL型。ふたりのスペースを分け、LDKとトイレは別にした。

こちらはご主人のLDK。

窓から隣のガレージが見える。

ご主人の趣味のスペース。
敷地に合わせて広がった台形のスペース。

お母様のLDK。

奥にはお母様の独立した住居スペース。

共有スペース(浴室、洗面、洗濯)はL型の接点に配置。

どちらの居住空間からも屋外の緑が楽しめ、テラスからも行き来できる。

岩井の家

関東から移住して来られた、ご主人とお母様ふたりのための住宅。
震災を機に、残りの余生をいかに生きるかを考え、災害の少ない岡山の地を選ばれた。
住まいへの要望は、敷地を活かしながらのびやかに暮らせる空間と、多趣味なご主人のスペースと、お母様の独立したスペースを作ること。
ご要望に沿うよう、半二世帯的なL型の住居を考えた。
L型にすることで、お互いに気配は感じながらおおらかに暮らせる住まいとなった。

木造/在来軸組工法 平屋建て
延べ床面積:119.32㎡(36.09坪)長期優良住宅
建築設計:藤原昌彦(バウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所)+若原一貴(若原アトリエ)
構造設計:長坂健太郎 馬上友弘 (長坂設計工舎)
外構・造園計画:藤原昌彦(バウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所)
写真:田中園子 (QUA DESIGN style)