倉敷羽鳥の家 2016

倉敷市の中部心より少し離れた、神社のふもとにある敷地に
30代夫婦とお子さんのための住まいを考えた。

南北を道が挟む狭い敷地。北側は神社の参道。

2階リビングはワンルーム空間。
神社の参道の桜が見える。

リビングとつながるインナーバルコニー。
桜や木々が近くに感じられる、気持ちの良い屋外リビング空間。

1階は各個室と水廻り。

山からの緑をつなげるように建物の周りに雑木林のような植栽。

倉敷羽鳥の家

倉敷市の中部心より少し離れた、神社のふもとにある敷地。
春になると参道の桜が美しいこの場所に、30代夫婦とお子さんのための住まいを考えた。
1階に個室と水廻りをまとめ、リビングをは2階に配置し桜や緑が見えるようにした。
リビングとつながるインナーバルコニーは、屋外リビングとしてより桜や木々を近くに感じることのできる気持ちの良い空間となった。
周囲の自然に溶け込み、季節を感じられる住まいになったと思う。

木造
木造延べ床面積:122.52㎡(37.06坪) 長期優良住宅
建築設計:バウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所 藤原 昌彦
構造設計:長坂設計工舎 長坂 健太郎 馬上 友弘
造園設計:バウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所
設計期間:2015年6月~2015年11月
施工期間:2015年12月~2016年6月