矢掛の家Blog

土台敷

矢掛の家

矢掛の家では大工さんによる上棟前の工事 土台敷が始まっています。

バウムスタイルアーキテクトで建築する住宅は基礎断熱仕様とする事が殆どです。

床の下に断熱材を敷く場合は基礎に換気口をつけたりして

床下の換気ができるようにしますが

基礎断熱の場合は床下も室内空間として考え

床の合板を伏せる前に基礎の外周に熱橋防止で断熱材を施工したり

土台と基礎の間など結露防止の施工を施していきます。

外から床下に通じている配管の出入り口もきちんと処理し気密仕様にします。

 

上棟までに床合板を伏せ、梁・母屋に金物をつけていきます。

バウムスタイルアーキテクトが採用するSE構法で建てる住宅は

梁と柱など接合部に専用の金物を使い組み立てていきます。

金物の種類も接合場所によって様々な種類があり上棟までにこれらを取付け準備します。

 

上棟当日は天候も良さそう、まもなく上棟です!

 

スタッフ.T

 

床下の設備配管

矢掛の家

上棟に向け大工さんの準備が始まる前、

電気・水道・ガスそれぞれの配管工事を行ないました。

上棟準備で床の合板は伏せてしまうため、先行して工事を行なうのです。

基礎の外周は室内の水廻りや雨水の排水のため桝を設置し配管で接続しています。

湯・水・ガス、各配管が色分けされているのでチェックするのもわかりやすいです。

漏れなく施工できているか、の確認だけではなく

構造材の施工箇所と干渉していないか、経路はどうか、

事前の打合せ内容と図面をもって照らし合わせ確認します。

 

設備の準備はできました。

次は大工さんの土台敷きや床伏せ、横架材の金物付けです。

 

スタッフ.T

型枠解体。

矢掛の家

型枠の解体を行いました。

綺麗な仕上りです‼


中旬の上棟に向けて準備が始まっていきます。

配筋検査。

矢掛の家

第三者機関による配筋検査を受けました。

 

指摘事項なしで合格です。

次は土間コンクリートの打設を行っていきます。

 

 

支える礎

藤原の日記, 矢掛の家

一気に暖かくなりましたね。

今年のお花見は、ゆっくりと散歩をしながら楽しめれば良いですね。

進行中の矢掛の家は、基礎の配筋が進み第三者の検査を待つ状態です。

その前に、設計として検査を行いました。

綺麗な配筋の姿を見ると嬉しくなります。職人さんの技術が見て取れます。

コンクリートが打ち込まれると全く見えなくなる鉄筋ですが、この美しさが後々工事に反映をされて行きます。

皆さんもお使いのiphoneを作ったスティーブ・ジョブズは、見た目(外側)の美しさはもちろんのこと、特に見えない内部の美しさには特にこだわったそうです。

「美しさは、内面から醸し出される」

いくら表面を着飾ったり化粧しても、内面から溢れ出る美しさはその人の個性でもあります。

鉄筋は、その様な役割をも持ち、支える礎となります。

藤原昌彦

配筋工事

矢掛の家

配筋工事が始まりました。

基礎形状は、弊社の標準工法となっているベタ基礎です。

建築面積が大きい分、鉄筋が組みあがった様子は壮観ですね。

丁張

矢掛の家

矢掛の家の工事が始まっています。

写真は丁張(遣り方)を行っているところです。

建物の正確な位置や高さを出すために行うこの工程は、建築における重要な手順のひとつです。

地鎮祭

藤原の日記, 矢掛の家

暖かい穏やかな1日。

一気に寒くなる天気予報ですので、体調管理には十分気を付けてください。

本日は、矢掛で設計を進めていました住宅「矢掛の家」の地鎮祭を執り行いました。

クライアント様は、見学会によく足を運んで頂いて頂いて、私の設計の住宅をかなりの数を見て頂きました。

矢掛町の非常に良い環境に、伸びやかな平屋建ての住宅となります。

現在は、建築確認申請と長期優良住宅認定申請を行っていて、着工はもうしばらくかかりそうですが、工事中も完成も楽しみです。

藤原昌彦

位置と視線

藤原の日記, 矢掛の家

生憎の天気で、寒く感じる1日ですね。

地鎮祭を控えた「矢掛の家」へ建物の位置確認のために行ってきました。

地縄を張り、正確な建物の位置を出します。

通常、敷地に建物の輪郭を描くと狭く感じるのですが、平屋の住宅ということもありかなり広く感じます。

建物の輪郭ができるとメインの開口部を想像して、そこから見える風景を確認します。

山や民家が見え良い視線の抜けとなりそうです。

完成まではまだまだ時間がかかりますが、楽しみです。

藤原昌彦