吉備津の家Blog

上棟しました

澄み渡った青空の広がる一日。

岡山市北区で建築中の「吉備津の家」では、本日上棟致しました。

春の変わりやすい天候に、2週間待った甲斐があり気持ち良い晴天の中の上棟となりました。

クライアント様のこれからを表す様な天気で、爽やかな気持ちになります。

しっかりと準備を行ってきたので、スムーズに現場を進めていきたいと思います。

完成が楽しみです。

藤原昌彦

戴きました。

天気予報は当たるもので、あいにくの雨模様。

本日は、岡山市北区で建築が進んでいる「吉備津の家」の上棟日でしたが、雨のため日を改めることに。

建て留という、柱を一本建てさせて頂いて、上棟と致しました。

全体の建て込み作業は、後日行うことに。

その際に、クライアント様のお母様がお手製のお赤飯を作って下さったものを戴きました。

その赤飯と真備町の家Ⅲのクライアント様から頂いた筍で賄い飯を戴きました。

大変美味しかったです。

藤原昌彦

上棟目前

暖かい春の一日。

岡山市北区にて建築中の「吉備津の家」では、基礎工事が完了し構造材が搬入されました。

大工による上棟までの準備期間で作業が進んでおります。

間も無く上棟を迎えますので、楽しみです。

できる限りスタンダードな形としながらも、空間が全体的に繋がりを持つ上下階が繋がるワンルームの様な空間となっています。

借景も取り込みつつ、気持ち良い空間となる様に。

藤原昌彦

上棟までに

薪ストーブの季節も終わりが見えてきました。もう少し肌寒い日もあるかもしれませんが、太陽の暖かさが心地よく思える季節がきますね。

本日は、岡山市北区で建築が始まった「吉備津の家」の打ち合わせを行いました。

月末の上棟へ向けて現場は進んでいます。上棟前に再度、内容の確認や上棟日の内容などのご説明を行いました。

いよいよという感じで、クライアント様も楽しみな様子が伺えました。

現在、詳細な設計を進めてなんとか上棟までには図面を仕上げていきます。

春の気持ちの良い季節に上棟は、華やかな気分になりますね。

楽しみです。

藤原昌彦

検査

薄曇りの微妙な天候。

岡山市北区で建築中の「吉備津の家」、本日第三者機関による配筋検査を行いました。

全体の寸法から鉄筋太さ、定着、形状、ピッチなど細かく検査をしていきます。

約1時間程度しっかりと検査していただき、指摘なく次の段階へ。

午後からは、早速スラブのコンクリートを打設しました。

月末の上棟へ向けて、着々と進んでいます。

藤原昌彦

地鎮祭

暖かい気持ちの良い一日。

岡山市北区で設計が進んでいる「吉備津の家」の地鎮祭を執り行いました。

行政手続きもほぼ終わり、長期優良住宅の申請を行っている状態です。

出来る限りスタンダードなカタチ・ヴォリュームとしながらも、大きな空間を感じてもらえるように設計しています。

久しぶりに螺旋階段を使いながら、上下階をつなぐことも考えています。

準備がもう少しかかりますが、楽しみな建築が始まります。

藤原昌彦