スタイル目次 コンセプト目次 Blogカテゴリ menu

注文住宅、リフォーム、重量木骨の家なら岡山の設計事務所:バウムスタイルアーキテクト

2017.7.29(sat)

美しい…

藤原の日記

すごい湿度の高い一日でしたね。

ムシムシとじっとしておくのも辛い一日。

雑誌

「住宅は美しくなければならない」

尊敬する建築家の一人 篠原一男 氏の言葉である。

現在とくに考えて設計をしているような気がします。

また、「美しいものだけけに囲まれて生活したい」とおっしゃったのは、建築家 宮脇檀 氏です。

私は、この「美しい」は非常にポジティブな言葉として考えています。

日々生活する空間に、美しいものがあるだけで、人の心は刺激を受け、感性が豊かになるのではないかと思っています。

ですので、身を置く空間や住宅が美しくなければならないと思っています。

そうすることで、その隣や、ご近所にも伝わり美しい街並みになって行くのではないかと。

そのための拘りを、クライアント様にはお伝えをしています。

建物の大きさや、高さ、敷地と建物のバランス。

使う材質や手触り感。

この妥協をせずに、創っていくことこそ私の建築家としての使命です。

藤原昌彦

 

藤原の日記 のほかの記事
Top