スタイル目次 コンセプト目次 Blogカテゴリ menu

注文住宅、リフォーム、重量木骨の家なら岡山の設計事務所:バウムスタイルアーキテクト

コンセプト

「ロングライフデザイン」で住む人と街を豊かに

家は、住む人のためにあり、その住む人の人生を支える大切な大切な空間です。その大切な空間をどのようなものにするのか、想いや希望は住む方によってそれぞれ異なります。私たちは建築家として、住む方の想いを何よりも大事にし、愛情をもって空間創りに取り組んでいきたいと思います。 また、美しい家は美しい風景をつくり、美しい家はそれを見る人の心も豊かにします。美しい風景をつくることは、私ども創り手と住まい手が協働でできる地域への貢献だと考えています。

家族がふれあい、楽しく過ごせ、ともに変化、成長しながら、永く愛され、住み継がれる家。 そしてお客様の予算を考えながら、より良い空間を創りあげていくこと。 それが、私たちの家創りに対する想いです。

ビジョン

シンプルで美しく、豊かな家づくり

私たちが考える家づくりは、まず敷地を読むことから始まります。どの場所が気持ちが良いのか、この土地のデメリット、陽のあたり方や風の通り方など。その敷地の特性を生かし、外部の環境を取り入れ(*)ながらシンプルで美しく豊かな家づくりを行っていきます。光の取り入れ方で良い居場所ができ、素材の使い方で心地よい居心地が出来ると思います。※日射の取得と遮蔽、空気の動きを入念に設計する事をパッシブデザインといいます。

安心を担保する(構造)

建築基準法では、2階建て木造住宅は構造計算が必須とされていません。そのため、一般的な木造住宅では壁量計算と呼ばれる簡易的なチェックしか行われていないのが実情です。大開口や吹抜けをつくる場合は、余計な壁を増やして強度を出さなければなりません。しかしそれでは、お客様が永く安心して暮らせる良い住まいを提供することはできません。どんな住まいであっても、必ず構造計算を行ない、安全性を確認できなければ、良い家づくりは実現しません。構造計算を絶対とし、我々建築のプロが行き着いたのが、現在採用している「耐震工法 SE構法」です。SE構法は、構造を構成する全ての部材の強度が把握され、接合部の強度も検証しています。過去の様々な災害をシミュレーションし、あらゆる可能性に耐え得る安全性を確認します。さらに躯体だけでなく、躯体を支える基礎に至るまで計算し、躯体と基礎を一体として、より確実な安全性を確かめる事が可能です。大規模建築と同様の応力解析による構造計算により、住まいの強度が把握でき、より良い空間づくりを実現します。

屋外のつながりを大切に

豊かなモノ(太陽の光や風、明るさ、爽やかさ)、人が心地よいと感じるものは外にあります。そんな豊かな屋外空間と住まいの繋がりを意識しながら設計することが、豊かで心地よい家づくりに欠かせない大事なことであると、わたしたちは考えています。心地よい住まいをつくるために、土地の特性を検討し、屋外空間と住まいのつながりをどう計画するか、豊かな屋外空間とつながるために、庭空間、敷地の余白をどう計画するかを大事に、住まいづくりを考えます。屋外空間とつながることで、住まう人に開放的な感覚を与え、家の大きさを感じながら、のびのびと暮らせる住まいになります。四季の移ろいを感じたり、土をかまい、植物を育て、育てたモノを料理して食べたりすることは、子どもの豊かな感情や情緒を育みます。創造的で豊かな心をつくる情操教育の場が、自然を感じる住まいであると思います。

家守りとしての責任

豊かな心地よい空間が出来たとしても、定期的なメンテナンスは欠かせません。私たちは、定期的(引き渡し後、8ヵ月、16ヵ月、2年、5年、10年)に点検を行い、的確なアドバイス、アフターメンテナンスを行っていきます。お引渡し後は生涯に渡り「家守り役」としての使命を担っていく覚悟をもってお付き合いさせて頂いています。私たちは、年間7組のお客様の幸せづくりに注力しています。

しないこと

営業は一切致しません

お客様から資料請求やお問い合わせをいただいた後、こちらからお伺いしたり、検討を確認するようなご連絡は致しません。お客様には、まず当社がどんな会社でどんな家づくりをしているのか、知っていただく事が大切だと思うのです。家づくりへの想いに共感してくださり、お客様の意志が確認できてから、お話を進めさせていただきます。

年間の設計件数は7件までしか行ないません

当社は一軒一軒、良い家づくりができるよう、出会いからお引き渡し、アフターメンテナンスまでしっかりとお付き合いさせていただきます。本当に丁寧な家づくりをしていくためには、ご家族の事をよく知り、お互いに理解をし合い、施工に掛ける時間と同様に、設計にもしっかりと時間を掛けなければなりません。軒数を増やせば増やすほど、一軒に掛けられる時間も少なくなります。責任を持った仕事をすべく、年間7棟までと決めさせていただいております。

住む人のためにならない要望はそのまま反映しません

プランニングの際に、ご家族がどのような暮らしをしたいか、住まいにどんなご要望をお持ちかをお聞きしますが、その全てを住まいに反映できるわけではありません。当社では家づくりをご検討のお客様に必ずライフプランを行っていただき、ご家族の将来の暮らしと家づくりの予算を把握させていただきます。さらに土地の周辺環境により、豊かな暮らしを送るにはどのような空間をつくれば良いかを、建築のプロとして提案させていただきます。家は建って終わりではなく、完成してからも、住まう方の成長と共に住まいも可変していける空間づくりをしています。

構造計算しない構造は採用致しません

ただ柱が多い、壁が多いからと言うのではなく、明確な安全性を確認できなければお客様が安心して暮らせる良い家づくりは実現しません。当社は一棟一棟、必ず構造計算を行ない、安全性を厳しく確認しています。構造計算の結果によりプランの修正も行ない、安全性が確認できてから、お客様へご提案し、形にしていきます。構造計算により安全性が確認できる範囲が把握できれば、より幅広い空間の提案ができるのです。

外構を行わない住まいの設計は致しません

住まいは外との繋がりを持つ事で、住まい手に心地よい空間をもたらすだけでなく、暮らしにも変化を与えます。自然環境を暮らしに取り込む事で、省エネルギーも実現し、より豊かな暮らしがつくられていくのだと考えます。

Logo Concept

ロゴ
  • 建築に何かを"プラス"という考え方。(+デザイン、+機能性、+シンプル、+上質、+物語)
  • 四方良しという考え方。(関わる人たちがみんなプラスになる)
  • 出会い(家族と建築、バウム)とふれあい(家族と自然のふれあい)の交差。
  • 接点(接合部)を表現。人と出会いと柱などの部材の重要さを表現。
  • 住み続ける=年月を足(増)していくこと。次世代へ繋ぐ。
  • 幸せな住まい・社会=安全・安心を第一に。「+」
  • 緑と茶の色でバウム=木を表現。
Top